2018年06月05日

PKP電動ガンやM18A1が入荷。



みなさんこんばんわ、深夜にクレイモアの撮影中、暴発して

店が弾だらけになったのは内緒です。MIU-AIRSOFTです。

本日は新入荷製品を色々ご紹介です。

先ずはRapter製PKP電動ガン、価格は税別¥75800です。

実銃はPKMを運用しやすく改良した分隊支援火器とされています。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



特徴的なキャリングハンドルからストックにかけての様子。

ストック、グリップこそ樹脂製ですが、レシーバーなど本体のほとんどが

金属製のため、重量はありますが剛性が高く、しっかりしています。



本体配線と実銃では給弾部分となるTOPカバー内の様子です。

見えないのに再現度は高く、HOPダイヤルを操作する部分は窓になっており

操作性も両立しています。

バッテリーはマガジンに挿入され、マガジンの電動給弾も

本体の作動もバッテリーより電力が供給される仕組みです。

マガジンの給弾はトリガー連動作動となって居ります。

因みにメカBOXはどこかで見覚えのあるメカBOXが

搭載されております。



最も配線を目立たなく取り回すとこんな感じでしょうか?

是非ダミーカートで隠したいのですが

さらっと検索してもNATO弾が多く

7.62×54rの入手は難しそうですね。



A&KのM60などにも搭載されているサイクルコントロールシステムが

PKPにも搭載されています。

バレル根元の丸いボタン2つがそれで、銃口側のボタンでサイクルUP

レシーバー側のボタンでサイクルダウンできます。

通常のサイクルで面制圧を目指すのも

7.62らしいサイクルを楽しむことも可能です。




ハンドガンケース並みのサイズのマガジンは装弾数5000発。

BB弾一袋を飲み込む容量を誇ります。

実銃のマガジンの容量も多いことから横には持ち手がついて

携行しやすくなっております。

一般の方で通常のゲームなら、スペアマガジンはいらないですよね?



続いてはネジ山を保護するお洒落アイテムです。

5KUのマズルプロテクターシリーズが入荷です。

左からTP-Proローレット、Diagonalsローレット、ローレットタイプとなります。

14mm逆ネジに対応し、ブラックとシルバーが入荷しています。

価格は全種類それぞれ税別¥980となります。



実際に装着するとこんな感じです。

回り止めのOリングも付属します。

ただネジ山を保護するだけでなく、見た目もこだわりたい方に

おススメのアイテムです。

因みに画像の銃はUMAREX製VP9タクティカルのグレイフレームです。



続いてもお洒落アイテム。

TANGO製マガジンマーカーバンドです。

元々セット販売品ですが

必要本数をお求めやすい様にバラ売りといたしました。

レッド、ブルー、イエロー、各色税別一個¥180です。

各種マガジンに装着し、色により視覚的に弾薬の種類を

判別するために使用されるシリコンゴム製のバンドです。



実際に装着するとこんな感じです。

それぞれ5.56、7.62、300BLKのマーキングが施されております。

エアソフトでは全て6mmなのですが、自分のマガジンの目印や

M4ならガス、電動ガン、次世代などマガジンを取り間違え

しやすい物の識別に利用するのも良いと思います。



本日最後はこちら、TANGO製M18A1 リモコンクレイモア樹脂製 Gen2です。

ほぼほぼフル樹脂製のM18です、価格は税別¥4800です。

付属の説明書にもありますが、樹脂製ですので過信は禁物、

丁寧にお取り扱いください。



付属品はご覧の通り、M18本体の他、本体用バッテリー

バッテリーのUSB充電器、リモートスイッチの4点となります。

リモートスイッチは単3電池2本を使用します。



一般的な作動方法を説明していただきましょう。

(コ)マズハ、アンゼンピン。90°ヒネッテヌキマス。

(ブ)フムフム。



(コ)ツギニコノレバー、フロントガワ、ガゾウデハウエニヒクトサドウシマス。

(ブ)リモコンノバアイハ?

(コ)コノレバーガ、リモートコントロールデサドウスルヨ。

(ブ)ナルホド。

(コ)デハサドウシマス。



ガチャン!!

(ブ)ギャー!!

(コ)イヤ、ギャージャナイヨ、ソンナトコイタラアブナイノワカルデショ。

(コ)ワザワザ、イワナカッタケド。

(コ)ロックガハズレルト、スプリングノパワーデBBダンガトビダスヨ。



(コ)ホンタイノココニ、デンゲンスイッチガアルヨ。

(コ)リモコンツカウトキハ、バッテリーヲイレテ、コノスイッチヲONダヨ。



(コ)フタヲシメテ、アンゼンピンヲセットシタラ、フロントノマドヲアケテ
  BBダンヲキュウダンスルヨ

※リアルに撮影するためBB弾が入ったボトルで撮影したところ
 何発もBB弾が装填されてしまい、取り出そうとしたところ
 事故が発生いたしました。被害は無し。

 地雷の取り扱いにはくれぐれもご注意ください。

但し、実用に足るアイテムであることは図らずも証明されました。

気になる方はご来店の上ご確認ください。



(コ)ナンドモイウケド、ダイタイプラスチックダカラネ。

(ブ)ヤサシクトリアツカッテヨ!

(コ・ブ)ソレジャマタネー!!


  


Posted by YF-23  at 03:29Comments(0)新製品

2018年05月26日

GDR15のご注文締切は5/31です。



みなさんこんばんわ、MIU-AIRSOFTです。

雑誌にも掲載され、一度は延長となった

GBLS DAS GDR15のJAPAN 1ST SPECIAL EDITIONの

受付締切が5/31と迫ってまいりました。

当店HPのGDR15のご紹介ページはこちらから。

製作中の当店新HPは以下のバナーからお進みください。



GDR15って何?という方や、今一度スペックを確認したいという方は

先日の当店ブログをご覧ください。先日のブログへはこちらからどうぞ。

仕組みの説明だけじゃわからないよ!という方は

店頭ではデモ機を用意し作動も確認していただけます。

バッファーとバッファースプリングを装備し、

金属製のボルトがリアルに作動する感覚は

実際に体感しないと凄さが伝わらないかもしれません。

皆さん良くおっしゃるのは「ガスガンを電気で動かしている感じ。」

気になる方は是非ご来店の上、体感して頂ければと思います。



本日はGDR15だけでなく、久々入荷の商品やリニューアル再入荷品

更には注目の新製品も

色々御座いますのでそちらもご紹介。

先ずはAvalon製 SABER SD電動ガン UrbanGrayです。

以前はVFCのVR16シリーズとして入荷しておりましたが

Avalonブランドとしてリニューアルして再入荷いたしました。

価格は税別¥34800、HPでご覧の方はこちらからどうぞ。




VR16からAvalonブランドに変更になった為、刻印もAvalonになっております。

フレームとKeyModハンドガードはUrbanGray。

120rdのスプリング給弾式QRSマガジンとQRSグリップ

フィンガーレスト付きのQRSトリガーガードを装備します。

そのほかストレートトリガー、アンビマグキャッチ

アンビセレクターを装備し、スイッチしても

レフティーでも同様の操作感で使用できるように仕上げられています。



先述のトリガー、マグキャッチの他、チャージングハンドルも

カスタムパーツメーカーCRUSADERの

アンビタクティカルハンドルラッチを装備します。

フロント、リアサイトはQRSフリップアップサイトが付属します。



改良型ストックを装備し、バッテリースペースはストック基部となり

コンパクトなモデルながらバッテリー外付けを回避した構造となっております。

基盤のように見える部分はヒューズです。

近年のVFC製品の見分け方としてヒューズが装備されたロットでは

FETが組み込まれております。もちろんSABER SDも

FETを装備し、メカBOXもスプリングガイドだけを取り外して

スプリング交換が可能なQDメカBOX装備機種となっております。



訳の分からないリコイルで好評のUMP9は再入荷です。

価格は税別¥31000。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。

UMP9に関しては、とにかく強烈なリコイルで

本当にサバゲーで使えるのか疑問を覚えるほどです。

セミもフルも勿論楽しいのですが、実際に2動作行われているか

分からないほど早い2点バーストも魅力の一つです。

当店入荷分はDXバージョンですので、トップ、サイド、アンダーの

レイルも付属するため、追加装備も思いのままです。



おまいら、やっと来たか。

待てど暮らせど入荷しなかったVFC UMP.45 GBBのスペアマガジンが

いよいよ再入荷。価格は税別¥4280。

今すぐご購入の方はこちらからHPへどうぞ。

お隣はVFCM4シリーズ用のVMAGです。

こちらもお久しぶりの再入荷です。

価格は税別¥5480、HPでご覧の方はこちらからどうぞ。

HKmarkingのマガジンも近々入荷予定ですので

HKタイプをご所望の方はもう少々お待ちください。



はい、注目の新製品です。

XcorTech製 XT301 UVコンパクトトレーサーは税別¥7280。

全長60mm!今のところ最小のフルオートトレーサーです。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。

製品は画像の通り、トレーサー本体と14mm逆ネジアダプターがセットになっております。



アダプターを付けるとこの通り。

これで電動ガンなどほとんどの銃に装着が可能となります。

アダプターが無い時は11mm正ネジなので

WE製ハンドガン各種に直接装着可能です。

小型ながらハイスペックで

1秒間に35発までのサイクルに対応し

約5分の充電で1000発、フル充電で約20000発発光可能です。

更にモーションセンサーを装備し、オートパワーON/OFFが可能です。

モーションセンサーによりメインスイッチの操作が不要となるため

内径29.5mm以上のサイレンサーに内蔵する事も可能です。

※充電などしなければいけないので、くれぐれも取り出せるように
 内蔵してくださいね。



リチウムバッテリーを内蔵し、マイクロUSB充電式です。

充電コードは付属しないので別途ご用意ください。

高輝度UV LEDを採用し、2方向光源で

確実に蓄光BB弾を発光させます。

最近の主流ですが、UV LEDの使用により

低電力で効率的に発光させるため

秒間35発のハイサイクルにも追随する能力があります。



サイズは長さ60mm、重量41gの軽量、コンパクトな

フルオートトレーサーなので、ハンドガンの作動も阻害しないため

ブローバックハンドガンにも躊躇なく装着可能です。

ご覧の通り、コスタ氏の顔面よりも少し長い程度です。



ミニタイプのNOVESKEハイダーと比較してもこのサイズです。

サイレンサーではなくハイダー感覚で装着できる為

銃のサイズをあまり変えずにトレーサーを使用できます。

本体スイッチは後方にあり、同時に各色に発光するLEDとなっており

インジケーターとしても仕事をします。

メインスイッチのほか、現在のモード、バッテリー残量を

点滅と色でお知らせしてくれます。



(コ)ニッポンノミンナノタメニ、ジャパニーズマニュアルモフゾクスルヨ。

あら、親切なのね。

メインスイッチは長押しすることで設定モードに突入し

明るさ調整(4段階)や省電力モード(3段階)

の設定が可能となります。



(コ)ナンカヒサシブリダケドキョウハココマデ。

(コ)ミンナ、マタネー!!


  


Posted by YF-23  at 03:09Comments(0)新製品

2018年04月30日

GDR15の受付期間を延長いたします。



みなさんこんばんわ、GWなんですね、MIU-AIRSOFTです。

アームズマガジンとGUN誌から始まりましたが、入荷した売り物ではございません。

おかげさまでGBLS DAS GDR15が2誌にてご紹介いただきました。



ほらね。ご覧の通りでございます。

当初はマガジンが更に5本付属するJAPAN 1ST SPECIAL EDITIONの

受付を4/10~4/30とさせて頂いておりましたが

ご好評を頂いており、またこの時期に雑誌にてご紹介頂く事もあり

JAPAN 1ST SPECIAL EDITIONのご予約受付を

5/31まで延長させて頂く事となりました。

GWをゆっくり過ごさせれる方も、むしろGWこそお忙しい方も

いらっしゃるとは思いますが、興味がある方は是非ご来店頂き

実際に手に取って、どういうものか体感して頂ければと思います。

仕様や付属品などについては、当店HPにてご確認頂けます。

従来HPにてご覧の方はこちらから

製作中の新HPにてご覧の方はこちらからどうぞ。



さて、他にも入荷した製品をご紹介です。

VFC製 M40A5のガスガン、スタンダードバージョンが入荷してまいりました。

価格は税別¥35800です。

ガスガンのため、スタビリティがエアガンよりも低いのは確かですが

特性を理解し、温度管理と、速射を控えるなど使用法を考察すれば

期待に応えてくれる性能を発揮します。

ガスのボルトアクションの醍醐味といえば

スプリングをコッキングで引っ張る(もしくは押す)事でスプリングを

収縮させるエアライフルと違い、小指1本でコッキング出来るほど軽い

ボルトの操作性にあります。

これによりコッキングでブレたりせずに

スコープでエイミングしたままボルト操作と射撃が行えます。

更に射撃音も少ないため、サバゲーは隠密性だ!

という方に特におすすめの1挺です。



ストックとガスマガジンの様子。

マガジンは装弾数20発、外装は金属製で重量感があります。

ストックはチークパッドの操作により上下位置の調整

バットプレートはブラックのスペーサーパーツを抜き差しすることで

長さの調整が可能です。

ストックの下部にはQDスロットが見えますが、左右と下の部分

合計3か所にスロットが設けられ、任意の位置にスイベルを

装着可能となっております。

更に上の全体画像を確認いただくとわかりますが

ストックの前方にもQDスロットが左右に装備されていますので

QDスイベルでお好きなスリングを付けるもよし

マグプルMS4タイプのスリングを直に付けるのも

良いと思います。




レシーバー上のレイルと刻印部分、ストック先端の様子です。

スコープ用の20㎜レイルはMcMillan社公式ライセンスを取得済みで

リアルな外観です。

ストック先端部分はM40A5の代名詞ともいえる

ナイトヴィジョンマウントを簡単に装着できるように

マウント装着の際に干渉する部分は別パーツ化されており

別売りのマウントを入手すれば、加工無しで装着が可能です。


最後にGW中の営業のお知らせですが、5/2水曜日は

連休中日ながら平日でありますので

通常通り定休日として休業いたします。

5/2水曜日以外は午前11時より午後9時まで

通常営業しておりますので、サバゲーの帰りにでも

ふらっとお立ち寄りいただければと思います。


ゆるりとした談笑や、超生真面目なカスタムの話などが

出来るよう心がけておりますので

折角ご来店いただいた折には、ご質問のひとつでも

スタッフにぶつけて頂けますようお願い申し上げます。


勿論メールやお電話でも疑問、ご質問に

答えておりますので、パーツの互換性や

初速、サイクル、取扱製品などお気軽にお問い合わせください。







  


Posted by YF-23  at 03:03Comments(0)新製品

2018年04月25日

GBLS DAS GDR15のご注文締切が迫ってまいりました。



みなさんこんばんわ、いよいよ北海道でも各地のフィールドで初ゲームの

開催予告が聞こえて参りましたね。MIU-AIRSOFTです。

先ずは4/10より受付を開始し、ご好評を頂いている

GBLS DAS GDR15のJAPAN 1ST SPECIAL EDITIONの

締切が4/30と迫ってまいりました。

GBLS DAS GDR15はDAS(DYNAMIC ACTION SYSTEM)

を搭載し、新世代のトレーニングウェポンとしても採用され始めている

リアルさを追求した電動ガンです。

スペックや仕様につきましては先日の当店のブログをご参照ください。

先日の記事へはこちらからどうぞ

引き続きご注文をお待ちしておりますので、宜しくお願い致します。



店頭の見本はこちら。実際に作動を確認して頂いたりする事も可能です。

ご来店の上スタッフにお申し付けください。

実際の製品に触れたり動かしたりしたいけどなかなか札幌までは・・・。

と言うご遠方のお客様は当店HP、当ブログ以外にも

動画も織り交ぜ製品を紹介しているMIU-AIRSOFTのfacebookの

アカウントがございます。

MIU-AIRSOFTのfacebookへは以下のバナーからお進みください。

あ、もちろんお近くにお住いのお客様も是非ご覧ください。



更に現在、新HPも制作を開始しております。

現在のHPが制作、稼働から数年経ちましたので

ただ新しいだけでなく、スマホやクレジットカードへの対応を重点に置き

よりご利用しやすいHPを目指し制作中で御座います。

商品の登録にまだ時間が掛りますので、現在のHPも現役で

稼働致しますが、新HPもブックマークして頂ければと思います。

新HPへは以下のバナーよりお進み下さい。



現在のHPではクレジットカードのお支払いに対し、Paypalによる一括払いしか

ご用意しておりませんでしたが、分割のお支払いなど

よりバリエーションを増やしたお支払方法が選択できるようにしております。

もちろん銀行振込、代金引換のお支払いにも引き続きご対応いたしております。

配送に関しては引き続き、ゆうパックによる発送でご対応しております。

局留めにもご対応いたしますのでご希望の方はお申し付けください。



さて、最近入荷した製品の中でも異彩を放ち、ところでコレナニ?と

よく言われる製品がございますので新製品の入荷のお知らせです。

画像の製品はXcorTech製 X3300W Mk2 アドバンスドBBコントロールシステム。

価格は税別¥13800。PEQ15の様なセンターユニットがTANカラーの

モデルも入荷しております。

HPにも説明はありますのでそちらで確認する方はこちらからどうぞ。



アドバンスドBBコントロールシステムは簡単に言うと電動ガンの統合コントロールシステムです。

画像の通りトレーサーとバーストコントロール、センターユニットがセットとなり

システムを構成しております。

センターユニットは単3電池2本、トレーサーユニットは単4電池4本を使用します。

バーストコントロールユニットは電動ガン本体とバッテリーの間に挟む形で

装備して頂き、そこから電源を使用するシステムです。


具体的に何が出来るかという事ですが

先ずはトレーサーユニットがあるので蓄光弾を光らせる事が可能。

更にトレーサーユニットには初速計と同様のセンサーも搭載され

初速とサイクルの計測が可能です。

次にバーストコントロールユニットがあるので2点バーストから

10点バーストまで設定が可能です。

バッテリーと電動ガン本体の間に入ったバーストコントロールユニットが

射撃数を制御しておりますのでカウントダウン、カウントアップ

弾数制限の設定も可能で、バッテリーの低電圧を受け

警告を発して機能停止する事も可能です。



コマンドセンターユニットの電源を入れるとこんな感じです。

上のスイッチでモードを選択し、計測、数値の設定が必要な場合は

液晶の横のダイヤルを回して数値を設定するほか

ダイヤルは押し込みスイッチにもなっており

例として3回ダイヤルを押しこむ事でフルオートモードとバーストモードを

切り替える事が可能です。

取りあえず多機能なユニットですが

詳細な日本語の説明書が付属するので安心です。

このユニットが家に一台あれば、他の銃の初速の計測ももちろん可能。

トレーサーだけ持ち出して夜戦に参加も可能。

電子トリガーなどを組み込みしなくても外部から簡単に

バースト制御が可能と色々夢が広がるユニットです。


4/10よりGDR15の公式日本進出記念として

JAPAN 1ST SPECIAL EDITIONの紹介を中心にお送りしておりますが

アドバンスドBBコントロールシステムの様に変わった、面白い

新製品なども入荷してきております。


そろそろ暖かくなってきましたので

ひやかしで結構、ドライブ、ツーリング、サイクリング?

の途中などに是非お立ち寄りいただければと思います。

  


Posted by YF-23  at 00:37Comments(0)新製品

2018年04月13日

GBLS DAS GDR15の店頭見本が到着しました。



みなさんこんばんわ、MIU-AIRSOFTです。

昨日、DAS GDR15のお店用見本が到着いたしました。

バリューセットはハンドガードとストックレスという事で

一晩あけたらLVOAとEPSで武装されておりました。



テイクダウンした機関部の様子。

JAPAN 1ST SPECIAL EDITION特別仕様という事で

スーパーハードアノダイジング仕様 メタルシルバーボルトキャリアーを

装備しているとの事でしたが、実物はギラギラのシルバーではなく

ガンメタリックの様な落ち着いたメタルシルバーです。



ストックと配線の様子。

コネクターはT型2Pコネクター仕様です。

バッテリーは11.1v40CのLipoバッテリー推奨となっております。

PTSのEPSはミニSタイプ、ストックインタイプのバッテリーが

入るのでバッテリー選びも簡単です。


諸事情により選手交代する事もあるかもしれませんが

これからは常にGDR15を常備し、現物をご覧いただける体制となります。

気になる方はご来店の上、スタッフにお申し付けください。


注目の製品の為GDR15一色な感じですが

HK416A5BKやFNS9、VP9等も再入荷が始まっております。

HPの在庫状況をご参考頂き、狙っていた製品の再入荷も

チェックして頂ければと思います。

ご来店お待ちしておりますので、よろしくお願い申し上げます。


  


Posted by YF-23  at 21:27Comments(0)新製品

2018年04月09日

GBLS DAS GDR15の受注を、明日4/10より開始いたします。



みなさんこんばんわ、MIU-AIRSOFTです。

いよいよ明日4/10よりGBLS DAS GDR15の受注を開始いたします。

お店用の見本はまだ到着しておりませんが

木曜日?今週末?位には届くのではないかと思われますので

現物を見てどういう物か確かめてからご検討される場合は

御連絡の上、ご来店頂ければと思います。

メールでのお問い合わせは info@miu-airsoft.com

お電話でのお問い合わせは 011-300-0609

となりますのでよろしくお願い致します。



先ずはGBLS DAS GDR15って何?と言う方もおいでと思いますのでご説明から。

画像の通り綺麗にテイクダウンしておりますが電動ガンです。

韓国のGBLSが開発した電動ガンとなり、どこまでもリアルを追及して

完成させたモデルがこのDAS GDR15です。

今回DASの公式日本進出記念として当店では4/10~4/30の期間において

GDR15 JAPAN1ST SPECIAL EDITIONの受注販売を行う運びとなりました。


・GDR15 JAPAN 1ST SPECIAL EDITIONは価格が税込¥221,400。

※付属品はハンドガードがPTS Centurion Arms CMR Rail
 ストックとグリップがPTSのEPSとEPGとなります。
 
 更にマガジンが5本セットされ、本体分と合わせて全6本となります。


・GDR15 JAPAN 1ST SPECIAL EDITIONバリューセットは価格が税込¥200,000

※付属品はグリップがPTSのEPGとなりハンドガード、ストックレスの
 セットとなりますので、任意のハンドガード、ストックが使用できます。 

 更にマガジンが5本セットされ、本体分と合わせて全6本となります。


また、完全受注生産販売となり、現在米国方面の生産が追い付いていないため
受注より3ヵ月お時間を頂いております。

完全受注生産販売の為、代金引き換えでは対応しておらず
銀行決済、Paypal決済、店頭現金にてお受け致しております。


DAS GDR15の機構や詳細について以下でご案内してまいりますので

興味のある方はDASシステムのリアルさ

スペシャルエディションの内容や価格をご理解いただき

ご検討頂ければと思います。



DAS GDR15のDASとはDYNAMIC ACTION SYSTEMの事で

7075CNC仕上のボルトキャリアーにスチールギアを装備し

電動で後退させることでGBB同様のリコイルアクションと

ボルトストップ機構を再現しております。

画像の通り、ボルト周りの構造もGBBの様になっており

ボルトキャリアーが後退し、プリコック状態を作り出し

トリガーを引くと同時にシアーが落ちる為

AEGでありながらGBBの様なキレと作動性を

再現したシステムです。

リアルさを追求した為、トリガープルの重さも

実銃同様の約2.8kgになる様設計され

CAD設計の上CNCにて製造されたパーツは

7075ジュラルミンを採用しております。

本体内部に極小のFET基盤を搭載する他は

機械制御の為、電子的トラブルを大幅に解消しております。

本体の緒元は

・長さ 808~873mm

・重量 3.7kg

・インナーバレル長 375mm

・アジャスタブル HOPUP機構搭載

・マガジン スプリング給弾式 装弾数60発

・推奨バッテリー LiPo 11.1V40C T型コネクター仕様

※SPECIAL EDITIONのEPSにはストックインタイプ、若しくは
 ミニSタイプのLiPoバッテリーの搭載が可能です。


作動の様子などの動画はメーカーホームページにて
紹介されておりますので興味がある方はそちらも合わせてごらんください。

GBLSホームページへはこちらからどうぞ。

GBLS USAの紹介動画はこちらからどうぞ。




最後に改めてそれぞれのSPECIAL EDITIONにつきまして。

GDR15 JAPAN 1ST SPECIAL EDITIONはバッテリーを用意すれば

すぐに楽しめる仕様です。

PTSのCenturion Arms CMR Rail 13.5inを装備し

EPS、EPGを装備したフル装備仕様です。

更にマガジンが5本追加され、マガジンは全6本付属します。

前述の通りEPSにはストックインタイプかミニSタイプの

リポバッテリーが搭載可能なのでバッテリーの選択も簡単です。

GBLS DAS GDR15 JAPAN 1ST SPECIAL EDITIONは価格が税込¥221,400です。

HPにてご覧の方はこちらからどうぞ。



GDR15 JAPAN 1ST SPECIAL EDITION バリューセットは

ハンドガードとストックが付属しないモデルです。

グリップはEPGが装着されているのでバッテリーがあれば

作動はすぐに楽しめますが、出撃には準備が必要なモデルです。

マガジンは5本追加されるのでマガジンは全6本付属します。

GBLS DAS GDR15 JAPAN 1ST SPECIAL EDITION バリューセットは

価格が税込¥200,000です。

HPにてご覧の方はこちらからどうぞ。

1挺づつ7075ジュラルミンをCNCにて削り出して制作する為

ご決済と受注をお受けしても3ヵ月お待ちいただく事となりますので

その間にお好みのハンドガードやストックをお選びいただくのも

良いかもしれません。



お店用の見本が到着いたしましたら、詳しい画像や

各部のサイズなどを確認し、実物サイズなのかどうか

従来のAEGやGBBのパーツで互換性があるパーツは

あるのかなど検証していきたいと考えております。



当店でのJAPAN 1ST SPECIAL EDITIONの受注期間は

明日4/10から4/30までとなっております。

マガジン5本追加や、手に入りづらくなってきたPTSパーツを装備した特別モデルは

充分お得なモデルとなります。

単価は確かに高いかもしれませんが、7075ジュラルミンなどの素材や

リアルな仕上りを見て頂ければ納得頂ける1挺だと言えるモデルです。


勿論お問い合わせなどもお受けしておりますので

気になる点や紹介しきれていない点についても

お問い合わせ頂き、ご検討材料の一つとしていただければと思います。


お問い合わせ、ご来店をお待ちしております。

よろしくお願い致します。


  


Posted by YF-23  at 23:21Comments(0)新製品

2018年02月13日

LONEXのL4電動ガン10.5inが入荷。



みなさんこんばんわ、最近海外の方のご来店が多いと思っていましたが

雪まつり効果だったんでしょうか?MIU-AIRSOFTです。

先ずは新入荷新製品をご紹介。

LONEX製のL4アサルトライフル 10.5in電動ガン。価格は税別¥22800です。

LONEXと言えばモーターで有名なメーカーですが

コンプリートガンも制作しております。

外装が樹脂製のSportyシリーズ、いわゆるスポーツラインで

ストックパイプ、スリングスイベル等強度が必要な箇所は

金属製のパーツが使用されています。  

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



ダストカバーは閉じる方向にバネが効いており、HOP調整の際は

画像の様に開いて指で押さえる方式です。

ダミーボルトカバーはないシンプルな仕様です。

HOPダイヤルはHOPがずれにくい、バレルと同軸のダイヤル方式です。



バッテリースペースはストック及びストックパイプ内です。

LONEX製という事でモーターはA5同等品を使用し

11.1vリポバッテリー運用が可能なセッティングになっています。



こちらは再入荷。

BO Manufacture製 FABARM STF12 11inコンパクト エアショットガンです。価格は税別¥18400。

前回入荷の際は、HPにアップする前にDEが売切れたので

HPでは新製品扱いとなっております。

HPでご覧の方はこちらかどうぞ。



イタリア FABARM PROFESSIONAL社の正式ライセンスを取得し

生産されているので、刻印は実銃通り。

ハイダーに至るまで外装はほぼ樹脂製なのでとても軽量です。

グリップとフォアエンドはラバーコーティングされており

滑らずしっかりグリップ出来ます。

トリガーガードの前にショットシェル型マガジンを入れる

部分があり、BB弾が30発入るシェル型マガジンが付属します。



サイトはフロントがレッド、リアがグリーンの集光サイトが付属。

20mmレイル対応なので着脱も容易です。

発射方式は3バレル、3チャンバーが内蔵され、一度に3発づつ発射可能。

トリガーを引きながらコッキングする事でBB弾が発射される

ラピッドファイア機構も設けられています。



台湾の新しいパーツメーカー、SLONG Airsoft製の

Ver.2用QDメカBOXが入荷。価格は税別¥3980。

メカBOX本体とQDスプリングガイド、セレクタープレートと

セーフティレバーが付属します。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



QD仕様の強化メカBOXという事で、海外製では比較的標準的ですが

赤丸の部分、肉抜きが無く強度の高い設計となっています。

軸受は8mmに対応しており、強度の高い8mmベアリング軸受も

投入できる仕様となっております。



こちらはまだHPに上がっていませんが昨日届いた新製品。

TANGO製のミニカーペット、HK、SR25、PMAGのデザインがあり

価格はそれぞれ税別¥2480です。

HKタイプが直径600mm、SR25が600mm×400mm、PMAGが600mm×280mm

のサイズでお部屋の入り口などに丁度良いサイズです。



ご覧の通り、裏は滑り止め仕様で表面は起毛の少ないフェルトの様な素材で

入荷時の商品名にもありましたが、まさに大き目のマウスパッドを

ご想像頂ければよいと思います。



こちらも昨日到着した新製品、ClassicArmy製マルチパーパスガンバッグです。

価格は税別¥5980。最大級の大きさを誇るマルチバッグです。

サイズは約90cm×30cm×33cmとなります。



上面部分が全部開く方式で内部には画像の様にクッション内蔵で

両端にベルクロが付いた仕切りが付属し、銃に傷がつかない様に

保護する事も可能です。



サイズ的にはご覧の通り、同社のミニガンがそのまま入るサイズです。

余り長いものには対応しませんが、インドア装備ならば

銃から装備まで全てをこのバッグ一つでカバーできる程度の

容量があります。


まだブログにて、ご紹介してない新製品なども御座いますので、

是非お店にもご来店ください。

道路状況も大変ですので、なかなかご来店がかなわない

お客様にはメールやお電話でもご対応しております。

在庫のお問い合わせはもちろん、故障やカスタムの

ご相談もお受けしておりますのでお気軽にご連絡下さい。


  


Posted by YF-23  at 17:32Comments(0)新製品

2017年12月28日

ENIGMAのアルミスライドが入荷です。



(コ)アー、キョウデエイギョウオワリダケド、ショウカイスルノワスレテタナー

(コ)ショウカイシチャッタホウガ、イイヨネー



(コ)あっ!?

(コ)アレ、キョウモブログヤルノ?



(コ)ハローエブリワン!

(コ)キョウモシンセイヒンヲショウカイスルヨ!

(コ)マズハENIGMAノスライドカラダヨ。



はい、こんにちわ、MIU-AIRSOFTです。

もう本日12/28にて今年の営業も終わりではございますが、

新入荷のお知らせでございます。

また、詳しくはブログの最後でご連絡いたしますが

店舗の営業は終了いたしますが、通販は何となくやっておりますので

お正月も容赦なくご注文いただけたらと思います。


本題に入りまして、ENIGMAのアルミスライドですが、

東京マルイMEUピストルに対応したスライドセットです。

スライドは一律税別¥12800、アウターバレルは一律税別¥4680。

HPにて詳しく選別される方はこちらからどうぞ。



先ずはColt シリーズ70タイプのアルミスライドスライドです。

フロント、リアサイトも付属。

刻印?はい、完全再現です。

シンプルなのがお好みなのはこちらです。




SFA Vickersタイプ アルミスライドはjこちら。

ノバックタイプのフロント、リアサイトが付属。

スプリングフィールド刻印もばっちり再現しております。




SFA MEUタイプはこちら。

フロントセレーションに削られたCUSTOMの途切れ具合も再現。

やはりフロント、リアサイトが付属しております。




Kimber LAPD SWAT CUSTOM 2タイプ アルミスライドほこちら。

Polis系の方はこちら?

太めのセレーション、各部刻印も再現されています。



アウターバレルはこんな感じです。

刻印などは以下の画像でどうぞ。



チャンバーの刻印はこんな感じです。

.45ACPに関してはインジケーターカットも再現されています。

詳しい解説書も付属しており、

初心者の方にも優しい作りになっております。

それでも組めない方はご相談ください。

ばっちり作動するように調整いたします。




ガラッと変わってNOVAのマルイM&P用SAIタイプストレートトリガーが新入荷。

トリガーセーフティは3色付属。

オーナーの分を仮組みしてみましたが、カッチリしております。

むしろネジはスルスルなので、ねじ止めの一つも必要かと思われます。

価格は税別¥5780。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



本日最後はこちら、AceTech製 Lighter ハンドガン用コンパクトフルオートトレーサーです。

価格は税別¥10800。14mm逆ネジに対応します。

充電式のバッテリーを内蔵し、450mAh満タンでは

12000発分の射撃が可能です。

本体のほか、充電用USBケーブル

11mm正/14mm逆ネジのアタッチメントが付属します。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



先端の蓋を外すと充電用のソケットが顔を出します。

充電用のソケットの横にインジケーターがあり

LEDで発光し、充電状況をお知らせいたします。




本体後方にスイッチがあり、その横に

電源ONと充電状況を確認するLEDインジケーターがあります。

充電量は色で分かり、残量が減ると、グリーンからレッドに表示が変わります。

内部はずらっとUV LEDが並んでおり、光る距離で確実に発光させます。

ハンドガンを想定しているため、秒間10発のサイクルに対応します。



実際に装着したところです。

アタッチメントが付属しているので、WEのハンドガンには

すぐに装着可能です。

長さ101mm、重量60gのLighterは軽量コンパクトで

ハンドガンのブローバックにも影響を与えません。

上に写っているのは従来のAT1000トレーサー。

比べると外見のコンパクトさがわかります。


1次入荷分は一瞬で完売いたしましたが、

今日か明日には再入荷予定となっております。



(コ)ブジショウカイデキタヨ、デハホントウニ、ヨイオトシヲー!!

※年末年始の営業につきまして、日程に関しては

先日お知らせしたとおりですが、

通販に関しまして、当日に処理できない場合もございますが、お受けしております。

お電話以外、メールによる在庫確認やお問い合わせにもご対応いたしますので

お正月期間中も是非ご利用下さい。

休業中のため、ご返信などが遅くなる場合も御座いますが、何卒ご了承ください。


・年末年始のお休みについてはこちらの下のほうをご覧ください。

年末年始もSCYは継続中で御座います。
ご紹介は以下のリンクよりどうぞ。

・MIUのSCY。初日の様子はこちら

・MIUのSCY。二日目の様子はこちら

・MIUのSCY。三日目の様子はこちら

・MIUのSCY。四日目の様子はこちら

※MIUのSCY、ご来店のお客様を対象としておりますが
 遠方でご覧いただき、気になった商品がございましたら
 HPのお問い合わせなどからご連絡下さい。





  


Posted by YF-23  at 12:28Comments(0)新製品

2017年12月25日

年末年始の動向と新製品。



皆さんこんにちわ、今日から明日は荒天らしいので皆さまご注意を、MIU-AIRSOFTです。

本日は新入荷の本体色々と年末年始の営業についてお知らせです。

先ずは入荷のお知らせから致しますので、

年末年始の営業日時にしか興味がない場合は一気に飛ばして

本ブログ下の方をご覧ください。

E&L AirSoftの新製品Mk18Mod1のSpecialCombo電動ガンが入荷。

JH400タイプドットサイトが付属するSpecialComboバージョン。

ラダータイプのレイルカバーも3枚付属します。価格は税別¥33800。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。




フルリアル刻印、オールブラックバージョンのMk18Mod1です。

上記でご説明した他、セレクターネジを隠すカバーや

ストックパイプ用のレンチなど細かいパーツも付属しています。

無論フレームなどは金属製、ガッチリした剛性を誇ります。



ストックは最新のB5ストックを装備。

付属のマガジンはスプリング給弾方式、装弾数は100発です。

STD電動ガンM4シリーズ用のマガジン各種にも互換性があります。



HOPチャンバーは横ダイヤル式になっており

ダミーボルトカバーはロックしてHOP調整中は空きっぱなしになります。

もはや海外製のM4ではデフォルトに近い機能ですが

いちいちボルトカバーを開けてダイヤルを調整しなくてよいので便利です。

ボルトカバーを閉じるにはボルトストップを操作することで閉鎖します。



やっときました。続いてはS&TのP90 Tactical電動ガンです。

この状態、フルカスタム状態のP90です。

こんなに色々ついていて価格は税別¥22800。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



ベースはP90TR、フロントにレイルハンドガードを装備し

大径サイレンサーを標準装備しています。

元々レイルがあるモデルにレイルハンドガードを装備し、拡張性も抜群です。



マガジンは多弾BOXマガジンが付属します。

300連タイプのM4用多弾マガジンが付属し

マガジンと本体をつなぐBOXマガジン部分は

BB弾が入るケースの役割をし、合計で約1500発を携行可能です。

画像のようにBOXマガジンを外せばP90のノーマルマガジンも使用可能です。



この景色が見たかった。S&TのカスタムP90兄弟そろい踏み。

以前入荷したP90 StrikeHeadとP90 Tacticalです。

どちらも拡張性の高いフルカスタム仕様。

お好みに合わせてお選びください。



続いてはCYMAのM24エアーライフルです。

調整式ストックを装備したボルトアクションのエアーライフルです。

価格は税別¥16300。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



レシーバーは金属製、サイトは付属しませんが20mmレイルが

装備されているので、お好みのスコープをご使用ください。

マガジンは装弾数25発。

画像の通りA〇S2タイプのマガジンを装備。

マガジンの仕様からシリンダーやチャンバーの仕様は察してください。



バットプレートの調整はしっかり可動します。

中央のダイヤルで伸縮の調整

後ろの薄いダイヤルが一応ロックナットとなっており

こちらを締めこむと中央ダイヤルが固くなり

ロックされます。



続いてCYMAのAK47 Advance電動ガンです。

18才以上用の電動ガンですが、0.12gBB弾仕様となっております。

バッテリー、充電器が付属。価格は税別¥3980です。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



反対から見た途端にネジがいっぱいあるのが分かります。

外装が全て樹脂製、メカBOXも樹脂製となっていて

超軽量仕様となっています。



マガジンはゼンマイ式多弾マガジンが付属。

リアルAKと違い、マガジンは真っ直ぐ上下に抜き差しするマガジンです。

セレクターはリアルAKと違い上から順にセフティ―、セミオート、フルオートなので

AKに慣れている方は特にご注意ください。

セレクターの前にあるのがHOP調整レバーとなります。

TOPカバーとボルトは固定となっております。



専用のバッテリーと充電器が付属。

7.2vのニッケル水素バッテリーが付属します。

このほかスリングとシューティンググラスが付属します。




軽さの比較。AK47Advanceはバッテリー、マガジンも付けていての重量です。

BB弾こそ入っていませんがハンドガン並みの重量です。



本日最後はBSA STS RGBD30 ドットサイトです。

ケース等も付属した豪華仕様で

サイトの視界もとてもクリアながら価格は税別¥3980。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。




パッケージを開けるとスチール製の専用アモケースに

ドットサイトが収まっています。

ケースにはステッカー、レンズ拭きが付属します。



サイト本体はこんな感じ。

20mmレイルに対応し、本体にも20mmレイルを装備します。

エレベーション、ウィンテージダイヤルは回しやすい星形となっており

直接調節が可能です。

輝度調整はレッド、グリーン、ブルーそれぞれ3段階で調整が可能です。




STS RGBD30ドットサイトの特徴はこちら。

インテグレートマルチパーパスツイストキャップシステムで

対物、接眼共に先端のベゼルの部分を回す事で

レンズの前にカメラのシャッター状のカバーが掛り

光の量を調節する事により良好な視界を確保する仕組みです。



接眼から対物側を覗いた所。勿論シャッターを閉じてしまうと

真っ暗で何も見えないのでご注意を。

そんなに強度は期待できませんが、保管時の埃対策にも良いかもしれません。

ここから徐々にシャッターを開けていくと・・・。



・・・

(ブ)ネラワレテル?



・・・閉じましょう。





(ブ)チョットー、トジナイデヨー

(コ)コレカラ、モリアガルノニー

それはそうと年末の予定を・・・。

(コ)アァ、ソウダネ、ジャアネンマツノヨテイヲオシラセスルヨ。



(コ)ヤアミンナ、メリークリスマス&ア ハッピーニューイヤー。

(コ)トリアエズ、カタカナハワカリヅライカラ、コクチハニホンゴデドウゾ。

では、年末年始の予定は私から。

MIU-AIRSOFT本年の営業は12/28(木)までとなり、
12/29~1/2まではお休みとなります。


また、毎週水曜日は定休日となりますが
今週の水曜日12/27(水)は通常通り
午前11時~午後9時まで営業いたします。



年が明けて2018年は、1月3日から営業いたしますが
1月3日(水)は13:00時(午後1時)より営業いたしますので
お間違えの無い様、お願い致します。

1月3日に関しましては、閉店時間についても
状況により19:00位の閉店を予定しております。

1/4以降は通常通り、毎週水曜日定休
午前11時から午後9時までの営業となります。

時間によっては、お電話にてお問い合わせ下さい。


さて、2017年もあとわずかとなりました。

本年もたくさんのご来店ありがとうございます。

2018年もよろしくお願い致します。



(コ)ソレジャアミンナ、マタネ!

(ブ)マタライネーン!

(ス)来年もよろしくな!

(コ)(ブ)(ス)ヨイオトシヲ~!!


商品も減ってまいりましたがSCYは継続中で御座います。
ご紹介は以下のリンクよりどうぞ。

MIUのSCY。初日の様子はこちら

MIUのSCY。二日目の様子はこちら

MIUのSCY。三日目の様子はこちら

MIUのSCY。四日目の様子はこちら

※MIUのSCY、ご来店のお客様を対象としておりますが
 遠方でご覧いただき、気になった商品がございましたら
 HPのお問い合わせなどからご連絡下さい。

  


Posted by YF-23  at 14:45Comments(0)新製品定休日のお知らせ。

2017年12月21日

VFC MP5A5 ZD電動ガンが入荷。



みなさんこんばんわ、こっちは普通の更新です、MIU-AIRSOFTです。

VFCから新製品が入荷。MP5A5電動ガンです。

レシーバーを亜鉛ダイキャスト化し、お求めやすい価格を実現したZDシリーズに

A5が登場しました。価格は税別¥29800。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



以前のモデルはすべて後ろ配線で、A5はレシーバー上部をバッテリースペースと

しておりましたが、今回はハンドガード内がバッテリースペースとなります。

そのため従来のバッテリーにも対応するラージハンドガードが標準装備。

無論スタンダードハンドガードも付属。マズルも最初から14mm逆ネジ仕様となり

各種オプションにも対応します。



レシーバーの刻印通り、セミオート、3バースト、フルオートでの射撃が可能

可変HOPUPの調整はエジェクションポート内のレバーで行います。

マガジンはゼンマイ巻き上げ式の200連多弾マガジンが付属。

東京マルイのMP5に対応するマガジンに互換があります。



先日他のお得意様とも話題になりましたが、VFCの電動ガンは

グリップが細い。

M4はもちろんですが、MP5も同様にグリップが細く仕上げられており、握り心地が抜群です。

もちろん強度もしっかりあり、

モーターもマルイ電動ガン互換のモーターが入っております。



HKをもう1挺。JingGongのSL8が入荷しております。価格は税別¥26800です。

G36派生のセミオートスナイパーライフルです。

あ、実銃は民間仕様でセミオートですが、電動ガンのこちらは

フルオート射撃も可能です。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



特徴的な長いハンドガードとバイポッドに、シンプルなバレル。

マガジンはショートタイプが付属。

スプリング給弾式の20連マガジンです。



G36シリーズと最も異なる部分。

サムホール式でグリップ一体型のストックを装備。

ストックの長さを変更するアダプターが付属します。

レシーバー上にはスコープを装備し、スコープの上には20mmレイルを装備します。




先日ご紹介したScorpion SoftshellマグキャリアのODが入荷

7.62用も9mm用も価格は税別¥840。

7.62用と言いつつM4やAKのマガジンも大丈夫、

9mm用と言いつつガバメントのマガジンも大丈夫なのは先日ご紹介した通りです。

FGじゃないんだ、OD出ないかなぁと、思っていた方はこちらをどうぞ。

FMA ScorpionタイプマグキャリアシリーズはこちらからHPでご覧ください。




WoSport製 JPCタイププレートキャリアが入荷。価格は税別¥5180

コンパクトながら前面、後面共にMolle仕様となり各種ポーチに対応するほか

フロントパネル自体にマグポーチを内蔵、更にサイドのカマーバンドも

Molle対応で各種ポーチやホルスターを自由にレイアウト可能です。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



サイドのカマーバンドは画像のように樹脂プレートの表裏にナイロンバンドを縫い付けており

樹脂プレートにより型崩れを防止し、カマーバンドの内側にも外側にも

ポーチなどの装着が可能です。



えーと、なんで挿さってるんでしょう。

本来はコスタ氏の右側、画像のようにM4マガジンが挿し込めます。

オープントップでM4マガジン3本を挿すことが可能で

ポーチとして使用しない場合はベルクロで閉じることが出来てバタつきません。

あと、そこ持ってたら危ないですよ。



ほら、言わんこっちゃない。

ご覧の通り、フロントパネルの上部もベルクロで張り付いていますが

内部にラバーバンドを装備し、ハンドガンマガジン3本が携行可能です。



WoSportのJPCシリーズはご覧の通り

EVA製のダミープレートが予め前後共に入っており

型崩れを防止し、プレート形状を維持します。



更にWoSport製のJPCタイププレートキャリアの

レーザーカットバージョンも入荷しております。

レーザーカットバージョンはBKが税別¥5500、MCが税別¥6000となります。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



Molle規格には対応して居りますが、

ナイロンバンドを縫い付けているものが従来のモデルで

ナイロン生地そのものに切り込みをいれて、周りを縫製して強度を出しているものが

レーザーカットとなり、布の使用量が減り、軽量化、簡素化に貢献します。



そしてやっぱり挿さってるのね。しかもこっち向き。

レーザーカット仕様以外は先ほど紹介したJPCと

仕様は同じなので、フロントパネルにはM4用マグポーチを内蔵。

そして・・・。



うん、そこ開くから危ないって。

フロントパネル上部にはハンドガンマグポーチも

内蔵しております。



SCYも進行中なので合わせてよろしくお願い致します。

そろそろ年末ですね。年末年始の予定を近々UP致しますので

間違ってお休み中にご来店なさらないようにチェックしてください。

(ブ)ンジャマタネー!

(コ)SCYモヨロシクネー!!

MIUのSCY。初日の様子はこちら

MIUのSCY。二日目の様子はこちら

MIUのSCY。三日目の様子はこちら


  


Posted by YF-23  at 17:37Comments(0)新製品

2017年12月12日

次世代のAK47が入荷。



みなさんこんばんわ、たまにマルイも入れますよ、MIU-AIRSOFTです。

と、いうわけで次世代AK47の入荷のお知らせです。

価格は税別¥39000です。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



とりあえずレシーバーの反対側はこんな感じです。

レシーバー部の金属パーツの質感も良く

ストック、ハンドガード部分の樹脂パーツも

質感良くウッド調に仕上がっております。



バッテリースペースは他の次世代同様ハンドガード上の部分。

マルイのミニSバッテリーに対応しますが、ハンドガード下から立ち上がる

樹脂パーツも取り外しが可能で、多少のオーバーサイズ

バッテリーにも対応しそうです。




付属のマガジンは、90連のスプリング給弾式で、他の次世代マガジン同様

中身を取り出して中央のレバー操作でリアルカウントマガジンに

装弾数を変更できます。

90連マガジン単品も入荷しており、価格は税別¥2380。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



AK47はマガジンが空になるとオートストップする機構が

設けられた為、マガジン先端部分に

空撃ちモード切り替えスイッチが追加されました。

そんな新型マガジンの為

従来のAK74MNなどの次世代AKシリーズとマガジンの

互換性は無く、専用マガジンとなっています。

因みにAK47にはマガジンアダプターが付属しており

アダプターの使用により

スタンダード電動ガンのAK用マガジン各種が使用可能になります。

多弾マガジン、ドラムマガジン等をご所望の際は

アダプターを使用し、スタンダードAK用をご用意下さい。



ご好評いただいているMapleleafのCRAZY JETバレルに新製品。

東京マルイのMk.23 SOCOM用 133mmが追加されました。

価格は税別¥3680。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。




後端の切欠き部分と先端の2重構造の画像です。

後端部分は、専用の溝、切欠きが再現されています。

先端はCRAZY JETの最大の特徴部分。

以前にもご紹介していますが、先端が2重構造になっており

2重構造内側には4面にホールが開いて居ります。

ガスがBB弾を押してきて、2重構造部分に差し掛かると

ホールより、エアーが2重構造の隙間に流れ込み

エアーのインナーバレルとなり発射された後もBB弾を

保護するような形となるのが特徴で、精度、飛距離に貢献します。

今回はMk.23用が入荷しておりますが、各種ガスガン用、

限定の電動ガン用もリリースされておりますので

興味がある方はこちらより、HPでご覧ください。



(コ)イッ!!



(ブ)(ス)ナッ!!



(ブ)(ス)ズッ!!



(コ)(ブ)(ス)マッ!!



(コ)(ブ)(ス)イナズマッ!!

と、いうわけでSparkのINAZUMAモーターのご紹介です。

SPARK industries製、メイドインジャパンのモーターです。

ロング、ショートがあり、各種電動ガンに対応。価格はそれぞれ税別¥3980です。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



INAZUMAモーターは、ベアリング軸と

Spark社のロゴが入ったハードピニオンギアを標準装備します。

硬い素材のピニオンにより、海外製のスチールギアにも負けず

ローノイズ化にも期待できるピニオンギアです。

ベアリング軸の搭載により回転の効率を高め

回転速度とトルクを高次元で両立したモーターです。

当店では導入してから少々経ちますが

お求めやすい価格ながら高性能と

評判が良い製品です。

カスタムや修理ついでに一度お試しください。



先日マガジンの抜き差しが簡単で、ガスガンのマガジンも脱落しなくて便利と

ご紹介したScoepionタイプのマグキャリアでしたが

また新しい形、FMA Scorpion Softshellタイプのマグキャリアが入荷しました。

左から7.62用、9mm用、1911用となります。

画像はFGですが、BK、DEも御座います。価格はどのタイプも一点で税別¥840です。

只今BK、DEの在庫が少なくなっておりますが、本日追加分が

東京から北海道へ向かっております。木曜くらいには入荷するかな?

お好みの色が無い場合は少々お待ちください。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。




7.62用となっておりますが、ご覧の通り、7.62、M4、AKと

主要なマガジンには、ほぼ対応します。

バンジーコードでテンションを調整できますので

きつめ、ゆるめはお好みでどうぞ。



ソフトシェルとなっておりますが、メインはラバーの板で

バンジーコードを通す部分とサイドの部分、Molleマウントが樹脂製です。

後ろのマウント部分は画像の通り、Molle用のアタッチメントですが

中央含めてパッと見でネジ受けが5か所あり、アタッチメントの変更で

Molle以外にも対応させることが可能です。




9mm用、1911用となっておりますが違うのは長さだけ。

長さが短い分だけ保持力が低い為1911用となっているのか

デトニクスのマガジンも意識して短いのかは謎ですが、

1911用でハイキャパのマガジンを保持していたので

能力的には問題無しです。

実物はどうなのだろうと実物HPを確認したところ

SHORTとTALLと言う表記でした。そのまんまですね。

保持力は問題なかったので、長さはお好みでどうぞ。



違うのはサイズのみで基本設計は7.62用と同様です。

実物はマグキャリアの上にマグキャリアを「亀の子」状に重ねるための

アタッチメントを始め、パドル、ベルトループ等の

アタッチメントも存在する様ですが、FMAの製品は

画像の本体のみの販売で、各種アタッチメントがまだ別パーツでも

入荷していないので、Molleやベルトに並べて装着するだけなら

Scorpion Softshellマグキャリアで、マグキャリアを重ねて運用するなら

Scorpionマグキャリアを選択して頂いた方が

すぐにセットアップが出来るのでお勧めです。



年末に向け色々新製品や再入荷を進めますので、HPはもちろん

ご来店の際は道中気を付けてご来店ください。

と締めるつもりでしたが今まさに再入荷。

GHKのGBB、AK74MN、AKMS

アローダイナミックのAEG AKMが再入荷しました。

AKばっかりだな(笑)

また、しばらく在庫切れしていたBJタイプダットサイトも再入荷。

これから商品の登録とHPへの反映を行いますので少々お待ちください。

では改めて、ご来店お待ちしております。

  


Posted by YF-23  at 18:50Comments(0)新製品

2017年11月30日

グロック用ドラムマガジン(ガスガン用)など



みなさんこんばんわ、夜中にこっそりとフィギュアのポージングと撮影をするMIU-AIRSOFTです。

本題にも御座いますが、先ずは新入荷の本体のお知らせから。

ノーブランドながらリアル刻印、リアルサイズのMP7 GBBです。

価格は税別¥30800。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



緒元としては、装弾数40発、リアルサイズ、リアル刻印

ボルトストップ解除も実銃同様のモデルです。

付属品はフロント、リアサイトの他、サイレンサーアタッチメント

サイドレイルと刻印プレートセットが付属します。

因みにノーブランドなのでどこの何か不安な方も

いらっしゃるとは思いますが

WEのSMG8用マガジンに対応します。

察してください。



TOP画像をご覧いただき、リアル刻印とかいうけど

グリップに刻印ないじゃないとおっしゃるあなた、

大人の事情で裏返してありますが、こちらが秘密のプレート。

こちらの装着により、リアル刻印仕様となります。



こちらがHFC製 GBBグロック用 140連ドラムマガジンです。

装弾数140発、マルイ、WEのガスブローバックのグロックシリーズに対応します。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ・・・と言いたいところですが

ご好評につき只今品切れ中、追加は既にお願いしておりますので

ほしい!という方はHPのお問い合わせフォームなどからご連絡下さい。

一応HPでご覧の方はこちらからどうぞ。




本体側面のブラウンの窓からBB弾を装填、フロントのブラウンのダイヤルで

ゼンマイを巻き上げ給弾、裏の中心からガスを注入。

作動確認をしましたが、ワントリガー140発でない場合は

充分に140発分の作動ができます。

フォロアーが存在しないのでスライドストップこそかかりませんが

そこはご愛敬、安定していっぱい撃てるガス用マガジンです。



こちらはCYTACのハイキャパ用ホルスターです。

全く同じ物が実銃で存在しない事もあり、銃の性能は抜群ながら

なかなか良いホルスターに巡り合えないハイキャパシリーズですが

こちらは価格、性能ともに決定版ではないでしょうか。

あぁ、価格まだ紹介してないわ(笑)

価格は税別¥2580、HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



ベルトに挟み込むパドルタイプのホルスターで

接続は一点なので、付属のレンチで360°自由な角度に

調整が可能です。



実際にハイキャパを入れるとこんな感じです。

トリガーガードにロックを掛ける方式で

BlackHawkのCQCホルスターと同様の操作で

抜き差し出来るので操作も自然に行えます。



CYTACのホルスター用のMolleアタッチメントも入荷。

価格は税別¥1380。

こちらにマウントを変更するとMolle仕様のベストや

チェストリグ、ベルトパッドにも対応します。

よく見ると「CY-MA」と刻印がありますが、CYTACの品番で

CYTACのMolleAttachmentの頭文字であり、某CYMAとは

全く関係ないのであしからず。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



こちらはGLOCK社製実物の10マグポーチ。

価格は税別¥4900。

こちらはキャリング用のポーチで、グロック他9mmダブルカアラムマガジンに対応します。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



中を見てみると・・・。気持ち悪い。

いや、使用方法を大きく間違っておりますよ?

コスタ氏まで生首しないでください。



はい、気を取り直して実際にマガジンを入れるとこんな感じです。

ある程度ベルクロの範囲もあるので、50連マガジンにこそ

対応しませんが、多少の長さのマガジンにも対応します。



本日最後はこちら、TMCのPMAGタイプBBローダーです。

価格は税別¥1800。BKとクリアーがございます。

メーカー公表値では装弾数500発、見た目だけでない性能は

以下をご覧ください。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



ご覧の通りマガジンへの給弾部分は金属製で

異物混入を防止するために、蓋も締まるようになっています。



ローダーへの給弾はスライド式の蓋からアクセス

給弾用のボタンはそのままの状態から押し込む方式なので

レバーが飛び出るローダーと違い、折れたりする心配もないので安心。

基本はマガジンを持ち歩くサバゲですが、やむを得ず

ローダーをフィールドに持ち込む際には

M4用ポーチにもピッタリ収まり便利なローダーです。


  


Posted by YF-23  at 04:30Comments(0)新製品

2017年11月09日

LCT PP19-01 VITYAZが入荷。



みなさんこんにちわ、2017年もあと僅かなんですね、MIU-AIRSOFTです。

本日も新製品を中心にご紹介です。

先ずはLCTの新製品。PP19-01 VITYAZが入荷、価格は税別¥42800です。

PP-19-01の型式番号からも分かるようにビゾンの友達です。

Bizonのヘリカルマガジンでは9パラ以外の弾薬の運用も可能でしたが

VITYAZは9パラのみの運用の代わりに、MP5の様な

バナナマガジン仕様の容姿となりました。

無論AEGは6mm弾オンリーなので悪しからず。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。




AKS74Uの様な折り畳み式ストックを装備し

TOPカバーには20㎜レイルを装備して各種光学機器に対応します。

リアサイトを見ると短距離を想定して作られているので

いつもよりも数字が少なめです。

グリップは専用のものを装備し、グリッピングは

AKよりも良くなっています。



マガジンは50連スプリング給弾式マガジンが2本付属します。

専用のマガジンクリップも付属します。

今回は本体のみの入荷ですが

200連マガジンも存在しておりますので

ご入用の方はお申しつけ下さい。



バッテリースペースはTOPカバー内

AKバッテリーやM4ストックインバッテリーに対応します。

TOPカバーとリアサイトベースの形状の違いにも注目です。



S&T P90 StrikeHead も入荷。価格は税別¥25600。

どこかで見たことがあるという意見は無視いたします。

ストライクヘッドを装備し、サバゲーに特化した究極カスタム系P-90です。

P-900くらいでもよいかも。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



一番の見せ場のストライクヘッドがこちら。

TOPレイルを含めて合計5枚のレイルを装備し、好きな物なんでも付け放題です。

QDスロットも装備しているのでスイベルも簡単に装着可能です。



マガジンはご覧の通りの構成です。

ここに関しても、どこかで見たことがある意見についてはスルー致します。

マガジンユニットからマガジンに給弾し、M4用300連マガジンより給弾するので

給弾はすこぶるスムース、合計装弾数は1500発です。

多弾マガジンがNGなインドアフィールドでご使用の際は

お手数ですが純正のP-90用マガジンをお買い求め下さい。



無論バッテリースペースはストック内。

開け方はマルイさんと同じでございます。

ミニSサイズのバッテリーに対応します。



数もそろってきたのでD-DAY製のPMAG GEN M3各種のご紹介です。

価格はそれぞれ¥1480~¥1880あたりです。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



先ずはSTD M4用のマガジンから、AK用もM4用も

フルリアル刻印仕様です。

これは素敵、なんだかテンションが上がります。



M4用多弾マガジンはフラッシュマガジンとなり

300連のゼンマイ式となります。

底板をシュッとずらして、ジャージャー巻いて給弾します。

※フルストロークで引っ張るとワイヤーが切れる恐れが

御座いますので、こまめにシャカシャカ引くように運用ください。



スプリング給弾式マガジンは30発と135発の切り替え式となり

画像のボタンを押しながら横にずらす事により、弾数制限が可能です。

接着ではなくネジ式である事と、スプリング取り出し用の

パーツが設けられているので、分解清掃にも適した

マガジンで、手入れをすれば長持ちするに違いありません。




AK用も同様にリアル刻印仕様です。

多弾マガジンはゼンマイ仕様で装弾数は500発です。

マグプル刻印が底面にも再現されています。



ノーマルマガジンはやはり30/135連の切り替え式マガジンとなります。

M4用同様に、押しながら横にスライドする事で

装弾数の切り替えが可能です。



TMCのサムライマスクは新製品、BKとBK/Goldの2種類があり

オールブラックが税別¥1720、BK/Goldが税別¥1890です。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。

(コ)ヤアミンナ、キョウハサムライマスクノゴショウカイダヨ。

(ブ)「和」ノカオリガスルネー。



(ブ)コレ、ドウヤッテツケルノ?

(コ)シンシュクセイノタカイヘッドギアガアッテ、ベルクロデソウチャクスルヨ。

(ブ)イマイチ、ツケカタガワカラナイネー。



(ス)ダミーヘッド持ってきたよー。

(コ)オォ、ナイスタイミング!!

(ブ)テカ、ソレハナニツケテルノ?

(ス)おぉ、これか、これは特価のバラクラバだけど、品質は最高だぜ。

(ブ)マジデ!!



(ス)説明しよう、このバラクラバは税別¥780。

拡大図のように縫製が場所によって違い、かぶった際に各部が

フィットするようにデザインされており、S/MサイズとL/XLがあります。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



(ブ)コンナカンジ?

(コ)ソウソウ、ソンナカンジ、ベルクロモツケテ~。

(ブ)ココデイイカナ?

(ス)先にヘッドギア付けてベルクロで付ける感じだな。



(コ)ハイ、装着するとこんな感じ

(ブ)イイネ!

(コ)クチノトコロメッシュダカラ、ツウキセイモバッチリダヨ。



(ス)キャップも付けるとこんな感じだ。

(ブ)イイネ!!

(コ)コレカラノインドアシーズンニモオススメダネ。

(ス)近距離ハイキャパだけは食らいたくないな。

(ブ)DE50AEは?

(ス)居たら帰るわ。

(ブ)マジカ、ソンナイタイカ。

(ス)死ぬほど痛いぞ(笑)

(ス)そうだ、違うキャップも出るけど、この辺から各種見れるぞ。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



(ブ)ア、メッシュノウエニ、クチモスコシヒライテルネ。

(コ)ツウキセイモバッチリダネ。

(ブ)コレナラクモラナイカナ?



(ブ)テカ、ヌケナインダケド。

(コ)ン?

(ブ)ハマッテヌケナイヨ。

(コ)ジャアミンナ、バイバイ~

(ブ)エ!!ココデシメルノ!!

(コ)ツギハナニショウカイスルカナ~

(ブ)オーーイ、マズハタスケテヨ~




  


Posted by YF-23  at 04:19Comments(0)新製品

2017年10月26日

VR16 SABER SDが入荷。



みなさんこんばんわ、いつタイヤ交換しましょうか、MIU-AIRSOFTです。

本日はVFC新製品とハードなライフルケース各種のご紹介です。

先ずは新製品、VFCのVR16シリーズの最新作、SABER SDが入荷しました。

価格は税別¥28800、お求めやすい価格の電動ガンです。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



正式名称はVFC VR16 SABER SD 電動ガン UrbanGray。

メタルレシーバーと、20㎜レイル、KeyMod、QDスロットを装備した

ハイブリッドハンドガードがUrbanGrayで仕上げられたモデルです。

パテントフィーが必要ないVFCオリジナル刻印のレシーバーで

価格を抑えつつ、ナイツタイプマイクロフリップアップサイトや

QRSグリップ、トリガーガード、ストレートトリガーなど

機能的で使いやすいパーツを盛り込んだゲームウェポンです。



SDというだけあって、ハンドガードからサイレンサーが直接飛び出す

デザインではありますが、

画像の通りインナーバレルは先端ギリギリまで伸ばした

やる気満々のモデルです。

バレルをショートにしつつ消音材を投入し、見た目通りの

サイレンサー効果を付加するカスタムも、おすすめかもしれません。



Stinger2よりリニューアルされたスライド式のストックは

ストックベースの部分がバッテリースペースとなり

PEQ15用バッテリーに対応するようになったため

外部バッテリーなどにしなくても作動させることが可能となりました。



UFC ハードガンケース は再入荷、価格は税別¥3980。

長さは85㎝、M4などにピッタリなハードガンケースです。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



中を開けると凸凹のスポンジが・・・。

あら、こんばんわ。

(コ)ヤアミンナ

(ブ)ゴキゲンイカガカナ?

(ス)この中意外と快適だな。



ごめん、ちょっと邪魔だからよけてね。

(コ)ウワワワワワ。

(ブ)ヤメテー。

(ス)暴力はんたーい。

(コ)(ブ)ステイサムニ、イワレタクナイワ。

(ス)なんだと!

(コ)(ス)ボウリョクハンターイ!!



はい、Mk18を入れたらこんな感じ。

意外と余裕ですね。

銃本体だけなら頑張れば2挺入りそうです。

サイトやマガジンなど入れれば

1挺分フルセットが携行できそうですね。



更にでかいのがこちら。UFC PTハードガンケースも再入荷。

価格は税別¥8680。PTはペリカンタイプの略です(笑)

長さは110㎝、だいぶ何でも入りますが、このケースが車に収まるかご確認ください。

持ち手が横と縦にあり、後述しますがキャスターもついているので

図体はデカいですが移動はラクチンです。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



ロック部分とキャスターはこんな感じです。

がっちりロックし、キャスターでゴロゴロ移動できるので

隙間無くみっちり銃やパーツを押し込んでも大丈夫です。

エアー抜きのネジ式通気孔もあるので気圧差が起こっても安心です。



中の様子は・・・。

(コ)ツギドウスル?

(ブ)クツロイダカンジ?

(ス)やばい、もう開きだしたぞ!!



え~と・・・。

一回閉じてみます。

(コ)(ブ)(ス)ぎゃああぁぁぁ!!!




(コ)ナンデトジルノ!!

(ス)閉じちゃダメでしょ!!!

(コ)ナカミ、ミセナキャダメデショ!!

・・・はい、ごめんなさい。

(ブ)アタマウッタヨ。



はい、こんな感じです。

今度はMk12を入れてみました。

因みに手ごろなのがあっただけで、海兵隊推しな訳ではございませんよ。

ご覧の通り、固定ストックの長いM4が入るなら大体大丈夫ですね。

こちらも、物によっては2挺入れたり、1挺分フルセットの携行が可能ですね。



UFC製 シューターズケースは在庫僅か、価格は税別¥4180。

薄めのツールケースと、レストケースが一体となった整備用ケースです。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



手前の2か所のロックを開放するとツールケースが展開します。

仕切りのついたフリートレーが2つあり、底部分が広いので

細かいパーツから長いドライバーの様な工具まで

様々な工具、スペアパーツの携行が可能です。



左右のロックを外すと工具ケースが外れ、レストケースエリアとなります。

はい、みなさんお仕事ですよー!!

(ブ)サスガニ、モウオドロカナイヨネ。

(コ)ハイ、シゴトシマスヨ。

(ス)やれやれだぜ。



中にはレスト用のパーツが入っており、組み立てることで

銃を支え、整備しやすくする他、ゼロインする際に銃を固定するのにも

役に立ってくれます。

更に、銃を掛けるパーツにはラバーコーティングが施されており

銃を傷つけない配慮もなされています。



出来たー!!

コスタ氏、「ふ~、出来たぜ!」って感じだけど、使い方違うよ?

ねえ、聞いてる?



!? じゃないよ、銃を掛けるって言ってるじゃん。

銃持ってきて、銃。

エアガンでいいから、いや、エアガンしかないけど(笑)



一時はどうなるかと思ったけど、こんな感じです。

レストケース部分が深いので、外したパーツを入れても紛失防止となり良いですね。

野外で風が強い日などは、チャンバーパッキンが飛んで行ったりするので(実話)

これは便利かと思います。



ドヤ顔でございますね、ありがとうございます、お疲れさまでした。

(ス)よし、撤収。

(コ)オツカレサマー!

(ブ)オツカレチャーン!

(ブ)ンジャ、マタネー!

  


Posted by YF-23  at 03:36Comments(0)新製品

2017年10月22日

BOM ARP556やG&G STF12が入荷。



みなさんこんにちわ、投票日と台風接近の日曜日、

みなさんはいかがお過ごしでしょう、MIU-AIRSIFTです。

本日は新製品の入荷を主にご紹介です。

先ずはBOM製のFABARM STF12エアーショットガンです。

BO Manufactureと言う聞きなれないメーカーですが

作りはバッチリ、今回はロングモデルとコンパクトモデルが

入荷しております。

BOM FABARM STF12 18inインチロングモデルは税別¥18800、

BOM FABARM STF12 11inインチコンパクトモデルは税別¥18400にて

販売しております。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



イタリア FABARM PROFESSIONAL社の正式ライセンスを

取得して制作されたSTF12シリーズはフルリアル刻印で

再現されたモデルです。

今回はロング、コンパクトモデルのみの

入荷ですが、ソウドオフサイズのショートモデルも

エアーショットガンとしてリリースされています。



ストライク仕様で仕上げられたマズル部分。

アウターバレルはアルマイト仕上げのアルミ製ですが、

本体外装のほとんどはABS樹脂製で仕上げられており

軽量で携行しやすいモデルとなっております。



3発同時発射方式と言えば、どういう機構かは

みなさんお察しとは思いますが、

30連のショットシェル型マガジンを使用し、3発づつ発射します。

シェル型マガジンは2個付属、マルイ製シェル型マガジンも

互換性があります。



付属のサイトはファイバーサイトとなっており

よりサイティングがし易いモデルの上

トップレイルとアンダーレイルを備えるため

光学機器やフォアグリップの装着も可能な

タクティカルショットガンです。



G&GのARP556も入荷、価格は税別¥40500です。

メタルレシーバー化され5.56仕様になったARP556は

マガジンもスタンダード電動ガンのM4用マガジンが

使用できるので、より汎用性が高く、剛性も増した

ゲームウェポンとなっております。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。




少ししゃくれたフロント周り。

この様なコンパクトモデルは構え方や不測の事態により

自分の指を誤射する事故も発生するので

下部が長いハンドガードは親切設計、画像の通りM-LOK仕様となります。

付属のマガジンは金属外装の300連多弾マガジンが付属します。

F、Rサイトはナイツタイプのコンパクトサイト仕様

フリップアップタイプなので光学サイト使用時は

折り畳んで視界を確保します。



G&G製ARP9同様に長めのバッファーチューブを

装備するARP556は少々長めのバッテリーを使用できるだけでなく

頬付もし易く、コンパクトながら自然な構えが可能なモデルです。

ご覧の通りヒューズ、基盤が装備され

フルオート、3点バーストの切り替えも可能です。



冬のインドアシーズンに向けてハンドガンが色々再入荷。

先ずはWEのハンドガンの再入荷です。

(コ)リクエストノオオカッタフルオートモデルガニュウカシタヨ。

(コ)G18C Gen.3/4ト、G23ガニュウカシテルヨ。

(コ)HPナラG18Cハコノヘン、G23ハコノヘンニデテルヨ。



(コ)コンカイハ、リアルコクインモデルジャナイケド、ゲームニハカンケイナイネ。

(コ)Gen.3、Gen.4デ、ニギリココチガチガウカラ、テニアッタモデルヲエランデネ。



(ス)WEのHiCapaシリーズ、HiCapa5.1 Kモデルも入荷だ。

(ス)WEのHicapaシリーズはアルミスライド、アルミアウターバレルを装備、
  フレームとグリップ部分は樹脂製だぞ。

(ス)5.1Kは税別¥13400、他のモデルはこの辺から見てくれ。



(ス)WEのHiCapaシリーズはオリジナルデザインの物が中心で
  5.1Kもスリット入りスライドが特徴だ。

(ス)多少なりとも軽量化にはつながっているから、HiCapaの他のモデルよりは
  ブローバックもシャープなモデルだ。



(ブ)ヤアミンナ、ツギハKJ WORKSノM9ノショウカイダヨ。

(ブ)コノモデルハHW、ゼンブヘビーウェイトノモデルダヨ。

(ブ)カカクハゼイベツ¥12800、HPナラコノヘンヲミテネ



(ブ)U.S.M9サイゲンモデルダカラ、コクインモバッチリダヨ。

(ブ)ヘビーウェイトモデルダケド、ゼンブヘビーウェイトダカラ
  ジュウリョウハナカナカオモクテ、シツカンモバッチリダヨ。



(コ)キョウサイゴハEMG M&P9ノSAIカスタムモデルダヨ。

(コ)カカクハゼイベツ¥22800、コクインモサイゲンサレテイルモデルダヨ。

(コ)HPデミルカタハコチラカラドウゾ。




(コ)コクインノサイゲンドハ、ゴランノトオリ、バッチリダネ。

(コ)モチロンバックストラップモカクサイズフゾクスルヨ。

(コ)アト、ナイショダケド、ジツハフルオートキリカエモカノウダヨ。



(コ)サイトハファイバーサイトダカラミヤスイヨ。

(コ)シロイノハ「made in taiwan」シールダカラ、ツカウマエニハガシテネ。



(コ)ハンドガンモイロイロアルカラミニキテネ。

(ブ)ミンナタイフウニハキヲツケテー。

(ス)じゃあまたなー。


  


Posted by YF-23  at 13:54Comments(0)新製品

2017年09月29日

Umarex UMP9やCyberGun FNS9が入荷。



みなさんこんにちわ、9月は色々新製品が入荷しているMIU-AIRSOFTです。

本日はさらっと新製品のご紹介です。

Umarex UMP9 DXバージョンは税別¥29800です。

DXバージョンなので、画像の他、TOPレイルとサイドレイルが2枚セットされます。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



折り畳むとこのコンパクトさ、レシーバー、ストックなど本体は樹脂製なので軽量です。

軽量な本体の中で金属製ボルトが暴れるのでハードなリコイルが楽しめ、

試射したお客様からもご好評頂いております。

セミ、2点バースト、フルオートの切り替えが可能で、

ハードリコイルでセミのキレも良く、装弾数30発も爽快に撃ちきる事が可能です。



マズルは9mmタイプの為、UMP.45よりも細身の物となります。

バレル上部の黒い穴がありますが、この部分がHOP調整となります。

ボルトを取り出さなくともHOP調整が可能なので

フィールドでの調整も簡単な銃となります。



続いてはCyberGunのFNS9ガスブローバックハンドガンです。

アンダーレイルとストレートグリップを装備したフレームと

アルミスライド、アルミアウターバレルの組み合わせとなり

タクティーな仕上りのハンドガンです。

価格は税別¥14800。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



もちろんフルリアル刻印、こちも驚きのリコイルが体感でき

非常に好評です。

マグキャッチとスライドストップレバーがアンビになっており、

スイッチ中や、左利きの方にも使いやすくなっております。



マガジンとシリアルナンバープレート部分。

FNS9は本体の他バックストラップも1枚付属し、グリップの

太さを変更してより握りやすくして使用する事が可能です。

マガジンの装弾数は22発、マガジン単品も入荷しております。

価格は税別¥3180。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



ICSのBLE XAEガスブローバックハンドガンも新製品価格は税別¥13000。

ICSのオリジナルデザインですが、システムは従来の技術の応用なので

作動は確実です。

メタルスライド、メタルアウターバレルを装備

樹脂製のストレートフレームを装備、マガジン装弾数は24発です。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



BLEは略称で画像の刻印の通り、BLACK LEOPARD EYEが正式名称。

サイレンサーアタッチメントが付属し14mm逆ネジのオプション装備が可能。

バックストラップが1枚付属しグリップの統制が可能。

20mmのアンダーレイルを装備し、ライトなどのオプション装備も可能です。

トリガーの根元にマニュアルセフティも装備され安全管理もし易いモデルです。

手ごろな価格で作動もよく、拡張性も高いモデルなのでエントリーモデルとして

初めての海外製ハンドガンにもお勧めの1挺です。


さて、ブログUPの最中にもいろいろ再入荷や新入荷がございます。

HPもご覧いただき、入荷状況や在庫状況もご確認ください。



  


Posted by YF-23  at 12:41Comments(0)新製品

2017年09月13日

LCTのLC-3A3(G3A3)が入荷。



みなさんこんばんわ、本日も入荷速報をお知らせするMIU-AIRSOFTです。

本日は3人ともさらっとは出てきます。

先ずはLCTのLC-3A3、用はG3A3です、価格は税別¥43800。

製品名はブラックとグリーンとなっておりますが、グリーンのみの入荷です。

グリーンの部分は樹脂製、他の外装は、ほぼほぼ全てスチール製の

男前な仕様となり、電動ガンG3タイプ最強の高剛性を誇ります。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



レシーバーを反対側から見た様子。

武骨でシンプル、これぞ7.62mmライフルと言った風格です。

本体には140連のスプリング給弾式ストライプマガジンが付属します。



HOPチャンバーは定番位置に横ドラム型のダイヤルを備えたモデルです。

コッキングレバーを引き切り、上にずらすと画像の様に

ダミーボルトカバーが空きっぱなしになるのでHOP調整も楽チンです。



バッテリースペースも定番のストック内です。

バットプレートは後ろに引っ張り抜くだけのシンプル構造。

ストックのピンの間を通るサイズのバッテリーならほぼ何でも入ります。



合わせてスペアマガジンも入荷。

500連多弾マガジンのみの入荷で、

ストライプタイプとプレーンタイプが入荷、価格はどちらも税別¥3800です。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



そろそろ秋の気配、インドアに向けてハンドガンも欲しいところですが、

只今MIUでは秋のCerakote祭りを実施中?

セラコート仕様のPPQやFNX45が入荷しております。

まだまだ人気のVP9やHK45CTも注目ですが、

限定のセラコート仕様もご注目ください。

Umarex Walther PPQのシルバースライドモデルと

Umarex Walther PPQ NAVY ブラックは共に税別¥16800、

Cybergun FNX-45Tac DEは税別¥23800となります。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



(コ)ホカニモ、イロイロニュウカシテルヨー。

(ブ)ミニキテネー。

(ス)MIUで待ってるぞ!!


  


Posted by YF-23  at 19:37Comments(0)新製品

2017年09月09日

KRYTACのKRISSVECTORが入荷。



みなさんこんばんわ、今日は商品入荷のお知らせだけなので

コスタ氏を見に来た方はスルー推奨です。

まだHPにも上げれておりませんが

KRYTACのKRISSVECTOR電動ガンが再入荷しております。

価格は税別¥61000です。



セレクター、セーフティー周りの様子。

メカBOXエリアとフレーム部分には分解するとわかる様に

KRYTACの封印ステッカーが貼られています。

本体セットにはフロント、リアサイト、サイドレイル1枚、

マガジン2本、が付属しております。



ストックを畳むとこんな感じ。

ストックは折り畳みの他、長さの微調節も可能です。

専用マガジンに関しては2本付属しますが

スペアのマガジンも入荷しております。

KRISSVECTORの95rd スペアマガジンは税別¥3580です。



限定入荷はこちら。UmarexのWalther PPQのシルバースライドモデルです。

価格は税別¥16800です。

無論リアル刻印の仕上りですが、シルバースライドは

セラコート仕上げです。



反対側のスライドとアウターバレルの刻印の様子。

MADE IN TAIWANステッカーが貼っておりますが

その下はもちろんリアル刻印です。

マガジンは従来品が対応するので

光り物がお好きな方はどうぞ。



BOLTの新製品 B4 PMC-Q BRSS サイレンサーセットTANカラーモデル。

コンパクトなM4タイプの電動ガンでBOLT製なので

ハードなリコイルのモデルです。価格は税別¥33800です。

QDサイレンサーとP-MAGタイプマガジンが付属します。



ナイツタイプのサイトとMOEっぽいグリップ、CTRみたいなストックが装備され、

ハンドストップ付のレイルカバーも付属します。

KACタイプのQDサイレンサーは簡単に外せますが

ハイダー中ほどまで伸びるインナーバレルが丸見えなので

合えて画像は載せませんので、ご来店の上ご確認ください。



バッテリースペースはCTRタイプストックのバットプレート内で

M4ストックのストックパイプインタイプのバッテリーに対応します。

BOLTのM4はストックパイプにウェイトが入るので

バッテリースペースはバットプレート内のみです。


本日は駆け足で入荷品のご紹介のみでしたが

新入荷の細かいパーツ類は近々ゆっくりとご紹介いたします。

週末もお時間がありましたらご来店をお待ちしておりますので

よろしくお願い致します。


  


Posted by YF-23  at 21:57Comments(0)新製品

2017年08月26日

ARP9やGHK製品が再入荷。



みなさんこんばんわ、暑さもそろそろ終わりでしょうか?MIU-AIRSOFTです。

本日は色々再入荷のお知らせです。

先ずはG&GのARP9電動ガンが再入荷です。価格は税別¥27800。

前回分は一瞬で売れちゃいました。

小ぶりで軽量な銃なので、小柄な方や女性はもちろん

午後から動きたくないおじさまにもおすすめです。

TOPレイル装備、サイドと下部分はM-LOKなので

必要なときは追加装備も可能です。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



合わせて売れたARP9用の60連マガジンも再入荷。価格は税別¥2980。

ARP9の300連マガジンも税別¥4380で在庫がございます。

樹脂製のマガジンなのでマガジンも軽量、長さはありますが

大量に携行しても疲れないマガジンです。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



(コ)ヤアミンナ、GHKガ、サイニュウカシタカラマトメテショウカイスルヨ。

(ブ)シンショウヒンモ、ショウカイスルヨ。



(コ)マズハホンタイ、AKM、AK74MN、AKS74Uノホカ、G5モニュウカシテルヨ。

(ブ)SRUノキットヤ、ストックアダプターモサイニュウカシテルヨ。

(コ)クワシクハHPノニュースヲカクニンシテネ。

(ブ)HPノニュースハコチラカラドウゾ。

(コ)GHKセイヒンヲチョクセツミルナラ、コチラカラドウゾ。



(コ)ブルース、テツダッテ。

(ブ)ハイ、ヒッパッテ。

(コ)サイショニヨウイシトケバヨカッタネ。



(コ)ハイ、トイウワケデ、マガジンモサイニュウカダヨ。

(ブ)AKヨウ、AK74ヨウ、G5ヨウガニュウカシテルヨ。

(コ)G5ノTANカラーヤ、オレンジノAK74マガジンケースハマダザイコガアルヨ。

(ブ)GHKノマガジンコーナーハコチラカラドウゾ。



(コ)ココカラハシンセイヒンダヨ。

(ブ)テイウカ、ソモソモコレハナニ?

(コ)ガスガンヨウノローディングノズルダヨ。

(ブ)アア、ヨククダケルトコロダネ。

(コ)ソウソウ、オレガモッテルノガAUGヨウ、ブルースノガG5ヨウダヨ。

(ブ)コレデコワレテモアンシンダネ。

(コ)GHKノジュンセイパーツコーナーハコチラカラドウゾ



(ス)おーい、これはいいのか?

(コ)オォ、ステイサムイイトコロニキタネ。

(ブ)ステイサムモッテルノハ?

(ス)AK用のベークライトグリップだ。

(ブ)新製品?

(ス)新入荷だが新製品では無い、1980年代のUSSR製だぞ。

(コ)リアルナヤーツダネ。



(ス)実際使ってるから綺麗ではないぞ。

(コ)コタイサハケッコウアルヨネ。

(ブ)ホントダ、ヨゴレタリケズレタリシテルネ。

(ス)リアルだからこそ、そこそこ覚悟して買ってくれよ。

(コ)オネダンハ、ゼイベツ¥4500。HPデミルナラ、コチラカラドウゾ。



(コ)キョウモサラットショウカイシタケド、イロイロサイニュウカシテルヨ。

(ブ)クワシクハHPヲミテミテネ。

(ス)あ、そうだ、あさって8/27は北海道マラソンがあるぞ。

(コ)MIUハフツウドオリニヤッテルケド、マックスバリュノアタリハトオレナイヨ。

(ス)覚悟して来ないと渋滞にはまるぞ、気を付けて来てくれよ。

(ブ)ソレジャア、マタネー!!
  


Posted by YF-23  at 00:21Comments(0)新製品

2017年08月11日

ZhukovAK色違いとM-132が入荷。



みなさんこんばんわ、夏ですねぇ。 MIU-AIRSOFTです。

あっちょっと待って、間違って同じブログあげてないよ!

よく見て、色違いが入荷したんだってば!!

前回とほぼ同じ画像からスタートしましたが、色違いでZhukovAKが入荷です。

BKがCYMA AK Zhukov M-Stock、TANがCYMA AK Zhukov S-Stockです。

M-Stock BKは価格が税別¥29800、S-Stock TANは税別¥33800となります。

仕様については前回のブログの通りです。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



本体の他多弾マガジンも入荷。AKM P-MAG 600rdはBKもTANも税別¥2180です。

ノーマルのAK多弾マガジン同様に上に給弾口があり、底の部分に

ゼンマイがあるスタンダードな多弾マガジンです。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



ZhukovAKにも装備されるAK MOEタイプグリップも入荷。価格は税別¥1480です。

取り付けは一般的なAKグリップと同様に底のネジで固定します。

グリップのみの製品なので、ネジは純正を流用します。

スタンダード電動ガンのAKシリーズに取り付け可能ですが

セレクターと干渉する個体もあるので、その場合は加工が必要です。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



IRON Airsoft製X-15タイプドラムマガジンに、次世代M4用がリリースされました。

シースルーでダミーカートが再現されたドラムマガジンで、価格は税別¥11800です。

装弾数は1000発、音感センサーによる電動給弾方式です。

純正の多弾マガジン同様ボルトストップ機構はオミットされています。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



フロント部分はバッテリースペースとなり、単4電池2本にて稼働します。

電池BOXにスイッチがあり、これをONにするとスタンバイOKになります。

一般的な多弾マガジン同様給弾口は上にあります。

手で巻くゼンマイや強制給弾のスイッチなどはなく音感センサーのみの給弾で、

内部にゼンマイ機構もないため作動音が静かなのが特徴です。

巻上げ過ぎ防止のクラッチ機構があり、給弾しすぎた場合は空転するので

破損を防ぐ機構も設置されています。

あぁ、そうそう、スタンダード電動ガンのM4用のX-15も入荷しております。

STD電動ガン用のX-15はこちらからどうぞ。



ClassicArmy製 M-132マイクロミニガンが再入荷です。価格は税別¥83800です。

発射のパワーソースはガスで、銃身を回転させるのは電動で行う

ハイブリッドな電動ガスガンです。

本体左右にスペースがあり、構えて右側にバッテリー

左側にガスを入れます。ガスはガス缶を丸ごと一本をセットします。

BB弾は銃身の中心部分に給弾する仕組みで装弾数は2500発です。

HPでご覧の方はこちらからどうぞ。



(コ)ヤアミンナ、キョウハM-132ノショウカイダヨ。

(ブ)ヤッパキョウハコレダネ。

(ス)詳しく紹介するぞ。



(コ)ゼンタイゾウハコンナカンジ。

(ブ)マイクロミニガンダケド、ゼンゼンデカイネ。

(ス)そもそもミニガンがでかいからな。



(コ)パワーソースガコチラ。

(ス)発射はガスでバレルは電動で回すんだな。

(コ)ソウソウ。

(ス)それでこっちがバッテリースペースだ。

(ス)ミニコネクターとT型ラージに対応するぞ。

(ブ)ガスハカンゴトイレチャウノネ。

(コ)マルイノガスガピッタリダヨ。

(ブ)MIUノサンダーシュートモピッタリダッタヨ。



(コ)HOPノチョウセイハココダヨ。

(ブ)ハッチヲアケテ、コノマドダネ。

(ス)バレルごとにHOPがあるから回転させながら一本づつ調整するぞ。



(ス)スイッチはここだな。

(コ)ウシロノセフティーヲニギッテ、フロントノトリガーヲヒクヨ。

(ブ)ギュットニギッタラウテルヤツダネ。



(ブ)BBダンハココ?

(コ)ソウダヨ、2500ハツハイルヨ。

(ブ)マエカラオスケド、キュウダンフリョウトカナイノ?

(コ)ウンダイジョウブ、スムースニキュウダンスルヨ。



(ブ)ウワー、バレル4ホンモアルトフトイネー。テガトドカナイヨ。

(コ)カイテンスルシネー。

(ブ)コノアナナンダロウ?ザンダンガワカルノカナ?

(コ)ナンダロウネー。



(コ)・・・・ウム。

(ス)・・・コクリ。

(ス)発射ー!



(ブ)イテテテテテ!ムリムリムリ!イタイイタイ!!

(コ)アラララ、ハサマッチャッタヨ、ツマンナイナー。

(ブ)イイカラトメテヨー!

(コ)ソレハ、ステイサムニイッテネー。



(ス)良い子は真似しちゃダメだぞ!いい大人も真似しちゃダメだぞ!じゃあな!




  


Posted by YF-23  at 01:44Comments(0)新製品